yotei_hed




おもてなしベトナム料理クラス9月&10月

ベトナムの伝統的なおもてなし料理をはじめ、特別な日に食べるごちそうやレストラン料理、またふだん使いできるカジュアルなパーティ料理などをご紹介するクラスです。

 


 

9月15日(日)11:00~ 満席 ※キャンセル待ち受付可

9月17日(火)11:00~ 満席 ※キャンセル待ち受付可

 

蟹カレー

きのこのベトナム風和えもの

緑豆の焼き菓子

 

ベトナムのカレーはシナモンや八角などのスパイス、レモングラス、ココナッツミルクなどが混ざり合った独特の風味。いちばんポピュラーな具は鶏肉&さつまいもですが、おもてなし向きに蟹を使って少し贅沢なカレーを作ってみましょう。ベトナム式のカレー粉は市販品もありますが、日本で手に入るスパイスを組み合わせて再現します。おともにはブン(細米麺)を添えて、蟹の旨味がたっぷり溶け出たスープにからめながらいただきます。

サイドディッシュには、フレッシュなきのこをふんだんに使う秋らしい和えものを。そしてデザートには、ホロホロと素朴な食感がおいしい、緑豆ペーストやココナッツミルクで作る昔ながらのベトナムケーキをご紹介します。

 


 

10月5日(土)11:00~

10月17日(木)11:00~ 

 

きのこ鍋

ハノイ風海鮮揚げ春巻き

焼きバナナケーキ

 

きのこ鍋は中国雲南地方の鍋料理がベトナム北部でアレンジされ、やがて全土へ広まって定着しました。鶏スープでフレッシュなきのこをたっぷりと煮込み、里いもや青菜などの野菜も加えて、〆には中華卵麺やフォーをいただきます。すりごまやピーナッツ、香味野菜、粉唐辛子などを混ぜ合わせ、鍋のスープで割って作るタレも独特のスタイル。きのこの優しい風味がどこか懐かしい、秋の気分に寄り添うベトナム鍋です。

海鮮揚げ春巻きはハノイ発祥、比較的近年に生まれた新しいベトナム料理です。炒めたえびやいか、かにをマヨネーズなどで味つけし、ライスペーパーで巻いてからパン粉をまぶして揚げるという、コロッケのような不思議な揚げ春巻きですが、これがなかなかクセになる味わいなのです。

食後のおやつには、バナナとフランスパンで作る昔ながらのベトナム焼き菓子をどうぞ。

Top