yotei_hed




おもてなしベトナム料理クラス10月&11月

ベトナムの伝統的なおもてなし料理をはじめ、特別な日に食べるごちそうやレストラン料理、またふだん使いできるカジュアルなパーティ料理などをご紹介するクラスです。

 


 

10月5日(土)11:00~ 終了

10月17日(木)11:00~ 

 

きのこ鍋

ハノイ風海鮮揚げ春巻き

焼きバナナケーキ

 

きのこ鍋は中国雲南地方の鍋料理がベトナム北部でアレンジされ、やがて全土へ広まって定着しました。鶏スープでフレッシュなきのこをたっぷりと煮込み、里いもや青菜などの野菜も加えて、〆には中華卵麺やフォーをいただきます。すりごまやピーナッツ、香味野菜、粉唐辛子などを混ぜ合わせ、鍋のスープで割って作るタレも独特のスタイル。きのこの優しい風味がどこか懐かしい、秋の気分に寄り添うベトナム鍋です。

海鮮揚げ春巻きはハノイ発祥、比較的近年に生まれた新しいベトナム料理です。炒めたえびやいか、かにをマヨネーズなどで味つけし、ライスペーパーで巻いてからパン粉をまぶして揚げるという、コロッケのような不思議な揚げ春巻きですが、これがなかなかクセになる味わいなのです。

食後のおやつには、バナナとフランスパンで作る昔ながらのベトナム焼き菓子をどうぞ。

 


 

11月21日(木)11:00~

11月30日(土)11:00~ 

 

里いもの揚げだんご

青梗菜のきのこソース

牡蠣の炊きこみ土鍋ごはん

 

秋から冬の旬素材をふんだんに使って、現地のレストランで食べられるようなごちそう向きのベトナム料理を作ります。

里いもの揚げだんごは、すりつぶした里いもに豚ミンチや香味野菜などを混ぜ、パン粉をつけてフライにします。手間は少しかかりますが、ごはんのおかずにもお酒のおつまみにもぴったりで、また日本で身近な食材から作れることもあり、生徒さんたちにはご家庭での再現率が高いレシピです。

シンプルにゆでた青梗菜は、何種類かのきのこが入った香り良いソースをかけていただきます。牡蠣の炊きこみごはんはベトナムらしく土鍋炊きのスタイルで、底におこげを作って香ばしくしあげましょう。インディカ米で作るため食べ心地は軽やか、牡蠣の旨味をしっかり吸ったごはんはおかわり必至の味わいです。

Top