yotei_hed




5月&6月:ベトナム家庭料理クラス

ベトナム人が日々食べている家庭料理のおかずを作ります。主食は日本と同じ白いごはんなので、それに合うベトナムおかずは日本でも作りやすいものが多いです。

 


 

5月16日(日)11:00~ 残席1

5月19日(水)11:00~ 満席 ※キャンセル待ち受付可

 

豚肉とたけのこの煮もの

豚ロース肉と下ゆでしたたけのこを煮こんだ、ごはんがとてもすすむ甘じょっぱい煮ものです。豚肉のダシ、ヌクマム(魚醤)のダシがダブルで効いて、日本のあっさりしたたけのこ煮とはまったく異なる味わいに。たけのこ料理の目先が変わる1品です。

いかの高菜漬け炒め

発酵食品ならではの塩気と風味を生かした高菜炒めは、ベトナム北部で特にポピュラーな家庭料理です。ベトナムと日本の高菜漬けの違いをお教えしながら、現地の味により近づけるレシピにしています。

さやいんげんと牛肉の炒めもの

旬のさやいんげんをたっぷり使って、ヌクマムやにんにく、黒こしょうなどで味つけして炒めます。青い豆と牛肉の組み合わせはベトナムの炒めものでは定番メニュー。シャキシャキと歯ごたえよくしあげるのがポイントです。

じゃがいものスープ

ハノイの大衆食堂で食べた、ハノイらしいやさしい味わいのスープです。豚スペアリブでとった旨味満点のだしが、ほんのり甘いじゃがいもと相性抜群。この時期に出回る新じゃがで作ります。

 


 

6月20日(日)11:00~ 満席 ※キャンセル待ち受付可

6月23日(水)11:00~ 残席1

6月24日(木)11:00~ 満席 ※キャンセル待ち受付可

 

あじのタマリンド煮

あじをヌクマムや砂糖、タマリンドなどで煮つける、家庭料理のおかずです。タマリンドのフルーティな酸味は、どこか日本の梅煮を彷彿とさせる味わい。こってりと甘辛い味つけで、煮汁だけでもごはんがすすみます。日本と同じようにごはんのおともとしてポピュラーな煮魚ですが、まったく異なる調理法も興味深いところです。

揚げじゃがいもと牛肉のガーリック炒め

素揚げしたじゃがいもを牛肉やトマトと一緒に、にんにくを効かせてスパイシーに炒めます。じゃがいもは素揚げすることで香ばしい風味がアップし、調味料もよくからみます。ごはんに合うのはもちろん、ビールが飲みたくるおつまみおかずです。

ゆでオクラのベトナム風ねぎだれがけ

サッとゆでたオクラにヌクマム風味のたれをかけて食べる簡単な副菜です。熱い油で香りを引き出したねぎだれが、この料理の名脇役。ねぎだれはシンプルなゆで野菜にかけたり、しゃぶしゃぶやゆで鶏、冷ややっこのたれなどにも重宝します。

ツルムラサキとあさりのスープ

ツルムラサキはベトナムではスープの野菜としてよく登場します。ほどよいとろみが食欲の減る蒸し暑い季節にうれしく、ごはんにかけて食べてもおいしいスープです。あさりは短時間で旨味たっぷりのだしをとることができるので、家庭料理の心強い食材です。

Top