yotei_hed




タイ料理バラエティクラス【6月】

現地で親しまれているユニークな郷土料理や、講師が個人的に好きなおすすめタイ料理などをご紹介するクラスです。

 


 

6月26日(日)11:00~ 残席1

6月28日(火)11:00~ 残席1

6月29日(水)11:00~ 残席2

 

※新メニュー

~ビールがすすむ、夏のタイおつまみ~

カリカリ小魚とカシューナッツのハーブ和え

カリッと揚げた小魚と香ばしいカシューナッツの組み合わせがビールにぴったり。レモングラスやバイマクルー(こぶみかんの葉)などのハーブと一緒にナムプラーベースの甘酸っぱいドレッシングと和える、食感が楽しいタイ式サラダです。現地では淡水の小魚を使いますが、レッスンでは日本の身近な食材にアレンジして作ります。

シューフードの酔っ払い炒め

パット・キーマオ(パット=炒める、キーマオ=酔っ払いの意味)と呼ばれるタイ料理の炒めもので、「酔っ払いもひと口食べれば目が覚める」ほどに辛い味つけが特徴です。えびやいかなどのシーフード、季節の野菜を炒めたら、ナムプラーやオイスターソース、砂糖で味をととのえ、にんにくや唐辛子、たっぷりのバジルで風味をプラスします。辛さのレベルは調理段階で調整できますので、唐辛子が少し苦手な方もお気軽にどうぞ。

自家製発酵ソーセージのグリル

タイの発酵ソーセージ「ネーム」を作ります。北部の郷土料理で、豚ひき肉や豚皮、にんにく、唐辛子、ごはん、ネーム用の調味料を混ぜ合わせて発酵させます。現地では生で食べたり、料理の具として使われたりもしますが、まずはシンプルにグリルして食べてみましょう。千切りしょうが、きゅうり、ピーナッツと一緒にほおばれば、最高なビールのおともになります。

※発酵時間が必要となるため、講師が事前に作ったものをご試食いただき、実習したネームはお持ち帰りとなります。