yotei_hed




【4月&5月】ベトナム家庭料理クラス

ベトナム人が日々食べている家庭料理のおかずを作ります。主食は日本と同じ白いごはんなので、それに合うベトナムおかずは日本でも作りやすいものが多いです。

 


 

4月10日(水)11:00~ 終了

4月13日(土)11:00~ 終了

 

魚のカラメル風味土鍋煮

ベトナム南部地方の代表的な家庭料理で、おふくろの味といえる1品。ヌクマムと砂糖、にんにく、赤わけぎ、黒こしょう、そして焦がした砂糖(カラメル)で魚の切り身を煮つけた、艶やかな茶色が美しい煮魚です。南部のおかずらしい甘じょっぱい味つけに白米がすすむのはもちろん、きゅうりなどの生野菜を煮汁につけて食べるのもおすすめです。

魚の甘酸っぱいスープ

魚の土鍋煮とセットで食べられる、こちらも南部ではソウルフードといえるスープです。現地では淡水魚でだしをとり、トマト、パイナップル、オクラ、ハスイモ(芋茎)、香草を加えて煮ます。ヌクマムと砂糖でしっかり味つけしたら、タマリンドでつける爽やかな酸味が決め手。甘・酸・塩の複雑な味が見事に調和して、なんとも奥深いおかずスープのできあがり。レッスンでは日本で手に入る魚を使って作ります。

さやいんげんと鶏肉の和えもの

旬のさやいんげんをたっぷりと食べる和えものです。シャキシャキと食感よくゆでたさやいんげん、ゆでて裂いた鶏肉、にんじん、たまねぎ、ハーブやピーナッツなどを甘酸っぱいたれで和えます。ベトナム料理以外に、洋風や和風の食卓にもすんなりとなじむ野菜料理です。

ベトナム風ヨーグルト

コンデンスミルクが入ったベトナムのヨーグルトを手軽に再現します。酸味がまろやかなやさしい甘さが特徴で、フローズンヨーグルトにしてもおいしいです。

 


 

5月19日(日)11:00~ 

5月22日(水)11:00~ 満席 ※キャンセル待ち受付可

 

※新メニュー

魚のパイナップルトマト煮こみ

魚とパイナップル?と一見不思議な組み合わせですが、ベトナムの家庭料理では昔からおなじみの調理法。魚を完熟パイナップルや酸味の強いトマトと煮ると、やさしい甘味やフルーティな旨味が煮汁に加わって、臭みが消えて爽やかなに魚ができあがります。ヌクマム(魚醤)の塩気とも相性抜群、ごはんがすすむおかずです。

アスパラガスと牛肉のカシューナッツ炒め

旬のアスパラガスを牛肉と一緒に、オイスターソース風味で少しこってりと炒める、こちらもごはんによく合うおかずです。素揚げした香ばしいカシューナッツをプラスして、食感に楽しいアクセントを効かせます。

新たまねぎのベトナム風マリネ

辛味の少ない新たまねぎを酢や砂糖、ヌクマムなどのマリネ液に漬けて作る手軽な副菜です。そのまま箸休めとしてたっぷり食べてもよし、肉料理や油っこい料理の付け合わせにもぴったりです。

じゃがいもと豚ひき肉のスープ

ベトナム北部で親しまれているじゃがいもとポークリブのスープを、より手早く豚ひき肉バージョンで作ります。豚肉やヌクマムの旨味が効いたダシは、クリアながらも奥深い味わい。北部料理に欠かせないディルを加えて、蒸し暑い季節にも爽やかな風味にしあげます。