yotei_hed




人気のベトナム料理クラス4月&5月

日本で人気のある定番ベトナム料理や、ベトナムの伝統的な料理を作るクラスです。食材や調味料の扱い方、ベトナム独特の調理法について学びます。

 


 

4月9日(日)11:00~ 終了

4月11日(火)11:00~ 終了

 

生春巻き

鶏肉の炊き込み土鍋ごはん

クレソンと豚ミンチのスープ

 

ベトナム以外の国でもすっかりおなじみとなった生春巻き。日本ではヌクマム(魚醤)をベースにした甘酸っぱいタレが添えられることが多いですが、現地ではピーナッツ風味のみそだれがポピュラーです。淡泊な味わいの生春巻きには、濃厚なみそダレが好相性。ぜひ手作りしてみましょう。ライスペーパーのもどし方、見た目にも美しい巻き方など基本的な調理法も伝授します。

鶏肉ときのこがたっぷり入ったレモングラス風味の炊き込みごはんは、おもてなしにもおすすめの1品です。土鍋でおこげを作ってしあげます。

 


 

5月18日(木)11:00~ 満席 ※キャンセル待ち受付可

5月20日(土)11:00~ 満席 ※キャンセル待ち受付可

 

蓮の実の蒸しごはん

ごま入りライスペーパーのフエ風揚げ春巻き

かにとアスパラガスのスープ

 

蓮の実の蒸しごはんは伝統的なベトナム料理。蓮の実、鶏肉やえび、色とりどりの野菜が入った炊き込みごはんを蓮の葉で包み、蓮の香りを移しながら蒸し上げます。手間暇のかかるごちそう料理なので、できあがりの感動はひとしお。レッスンでは日本でも手に入れやすい乾燥蓮の実&蓮の葉を使って、現地の味を再現します。

ベトナム中部地方・フエ名物の揚げ春巻きは、ごまが練りこまれた厚いライスペーパーを使うのが特徴です。ふだんはそのまま炙って食べるライスペーパーですが、この料理ではやわらかくもどし、えびや豚肉で作った具を独特の包み方で春巻きの姿に仕立てます。生春巻きなどに使うライスペーパーとはひと味違う、モッチリした食感が楽しめます。

Top