yotei_hed




ベトナム家庭料理クラス1月&2月

ベトナム人が日々食べている家庭料理のおかずを作ります。主食は日本と同じ白いごはんなので、それに合うベトナムおかずは日本でも作りやすいものが多いです。

 


 

1月25日(木)11:00~ 残席1

2月3日(土)11:00~ 残席1

 

カリフラワーと牛肉の炒めもの

豆腐のひき肉蒸し

干し大根と干しえびの甘酢漬け

春菊とえびミンチのスープ

 

ベトナム人のふだんのおかずによく登場するカリフラワー。主菜の炒めものはそんなカリフラワー料理の代表格で、牛肉と一緒にヌクマムやベトナム醤油で妙味にしあげます。洋風ではなくベトナム式、カリフラワーの新しい一面を引き出せる1品です!

干し大根の甘酢漬けは、日本人にもおなじみの和食材で作る人気おかず。干しえびのダシを吸った大根の食感が絶妙でお箸がすすむ即席漬けです。汁ものには、たっぷりの春菊がペロリと食べられるおかずスープを。奥深いダシを短時間でとるベトナム家庭料理ならではの知恵を伝授します。

 


 

2月4日(日)11:00~ 残席1

2月15日(木)11:00~

 

豚肉と卵のココナッツジュース煮

もやしの浅漬け

長いもとえびミンチのスープ

緑豆あん入りだんごのチェー

 

2018年は2月半ばに旧正月を迎えるベトナム。南部地方で親しまれている旧正月料理、豚肉と卵の煮ものを作りましょう。ふだんのおかずとしてもポピュラーな1皿で、ヌクマム(魚醤)とココナッツジュースの甘辛い煮汁だけでも、白ごはんが本当にすすむ「ごはん泥棒」です。この煮物には、もやしとニラで作る浅漬けが黄金コンビ。レモンや酢の効いたさっぱりした味つけが豚肉のこってり感をやわらげ、ちょうどよい箸休めになります。

緑豆あんだんごのチェーは、冬にぜひ食べていただきたい温かいベトナムおやつ。こっくりした甘さのシロップが寒い季節にぴったりです。

Top