yotei_hed




ローカルベトナム料理クラス2月&3月

ローカルレストランや路上屋台など、現地で親しまれている色々な料理を作るクラスです。日本のベトナム料理レストランではなかなか出会えない逸品もご紹介します。

 


 

2月17日(土)11:00~ 終了

2月21日(水)11:00~ ご予約受付終了

 

鶏肉のもち米酒鍋

西湖風えびの天ぷら

黒米のチェー

 

ベトナム北部・ハノイで冬に好んで食べられる、鶏肉のもち米酒鍋。骨付き鶏肉ともち米酒「ジウ・ネップ」をベースに鍋ダシを作り、その旨味あふれるスープでたっぷりの青菜を煮ながら食べます。コクがあるスープはほんのりと甘い爽やかな後味で、食べているうちに体はポカポカ(アルコールはとんでしまいますのでご心配なく!)。レッスンでは日本で手に入るお酒に代えて、この鍋をおいしく再現します。

同じくハノイの「西湖」名物、カリッと香ばしいえび天もご紹介します。米粉の衣を丸い専用おたまに流し入れ、真ん中にえびをのせて揚げる気軽な1品。生野菜やハーブと一緒に甘酸っぱいタレでいただきます。

 


 

3月3日(土)11:00~ 満席 ※キャンセル待ち受付可

3月6日(火)11:00~ 満席 ※キャンセル待ち受付可

 

アンフーの混ぜごはん(フエ風五目ごはん)

フエ風葉っぱ春巻き

白きくらげのスープ

 

中部の町・フエにある「アンフー食堂」発祥、ベトナム全土で親しまれている混ぜごはんをご紹介します。焼き豚やハム、錦糸卵、酢漬けきゅうり、香草などカラフルな具をたっぷりとのせ、ヌクマムベースの甘酸っぱいタレをかけて混ぜれば、まるでベトナム風ちらし寿司といったところ。日本ではなかなかお目にかかれない伝統的なベトナム料理でありながらも、日本人にもどことなく懐かしい1皿です。

同じくフエ料理から、ライスペーパーを使わずにレタスなどの葉でえびや豚肉、細米麺などを巻く、おもてなし料理の前菜を作りましょう。フエ特製の肉そぼろ入りのピーナッツみそダレが、シャキシャキの葉野菜によく合います。

Top