yotei_hed




人気のベトナム料理クラス8月&9月

日本でおなじみのベトナム料理や、ベトナムの伝統的な料理を作るクラスです。食材や調味料の扱い方、ベトナム独特の調理法について学びます。

 


 

7月28日(土)11:00~ 終了

8月7日(火)11:00~ 終了

 

しじみのスープがけごはん

たけのこと牛肉の中部風和えもの

タピオカだんごのチェー

 

ベトナム中部の町・フエで親しまれている朝食のひとつ、「コム・ヘン」と呼ばれるしじみごはんを作ります。炒めたしじみの身、刻んだ生野菜、白ごまやピーナッツを冷たいごはんにのせて、熱々のしじみ汁をかけていただきます。食卓ではえびみそで塩気と旨味をプラス、さらにレモングラスチリオイルをかけてピリッと味を引き締めて。あっさりした味つけでお茶漬けのようにサラサラ食べられる、暑い季節におすすめのスープごはんです。

タピオカだんごのチェーは、タピオカ粉を練って丸めてピーナッツをくるみ、しょうが風味のシロップをかけた甘いおやつ。タピオカ独特のムニュムニュッと弾力のある食感がユニークです。

 


 

9月12日(水)11:00~

9月15日(土)11:00~ 残席1

9月16日(日)15:00~ 残席2

 

蒸し春巻き

空心菜の北部風和えもの

いかのディル風味揚げだんご

 

「バイン・クォン」と呼ばれる蒸し春巻きは、ベトナム朝ごはんの隠れた定番。米粉クレープのような生地で肉そぼろを巻き、たっぷりのハーブや生野菜と一緒に甘酸っぱいタレでいただきます。つるんとした食感がやさしく、お米も肉も野菜もバランスよく食べられる優秀なひと皿。現地では専用の蒸し器を使いますが、ご家庭でもチャレンジしやすいように、レッスンではフライパンで調理します。

いかの揚げだんごはベトナム北部の定番おかず。揚げたてを食べればジュワッとした旨味、ディルの爽やかな香りが口いっぱいに広がります。いかならではの風味や食感を生かし、ジューシーにしあげるコツをお教えします。

Top