yotei_hed




ローカルベトナム料理クラス8月&9月

ローカルレストランや路上屋台など、現地で親しまれているいろいろな料理を作るクラスです。日本では出会う機会の少ない逸品もご紹介します。

 


 

8月3日(金)11:00~ 終了

8月4日(土)11:00~ 終了

 

米粉のお餅の卵とじ焼き

揚げ魚のタマリンドソース

ゴーヤと切りいかのサラダ

ザクロもどきと寒天のチェー

 

ホーチミンでおなじみのストリートフードといえば「ボッ・チン」。「ボッ」は「粉」、「チン」は「油で揚げ焼きにする」という意味で、一口大にカットした米粉餅を香ばしく焼きながら炒め、青ねぎと一緒に卵でとじたもの。添えられる千切りの青パパイヤやにんじんと一緒に、ベトナムしょうゆや酢をかけていただきます。現地では屋台で楽しむスナックを手作りしてみませんか?

タマリンドはマメ科の植物で、その果肉のプラムに似た爽やかな酸味が特徴です。タマリンドソースは魚だけでなく、鶏や豚、えびなど別の素材にもアレンジができて重宝するメニュー。甘さや塩気とのバランスを覚えて活用しましょう。

 


 

9月24日(月・祝)11:00~

9月26日(水)11:00~

 

肉だんご入りスープブン

えびとさつまいものハノイ風かき揚げ

かぼちゃとピーナッツのチェー

 

「ブン」はベトナムの米麺のひとつで、そうめんのように細くツルツルした喉ごしが特徴です。汁ブン、和えブン、炒めブン……と様々な食べ方がありますが、9月のレッスンでは、小さな肉だんごを具にした温かいスープブンを作ります。ベトナム北部・ハノイなどで親しまれている料理で、豚肉や干したけのこでとるダシは滋味深く、淡泊でやさしいブンがスープの風味をさらに引き立ててくれます。少しお疲れ気味の残暑の胃袋にもおすすめです。

食後には、かぼちゃをすりつぶして作るポタージュスープのようなチェー(ベトナムのぜんざい的甘味)でほっこりしましょう。

Top