yotei_hed




簡単ベトナム料理クラス11月&12月

ベトナムの料理と食文化をより身近に感じるために、ご家庭で気軽に作れるメニューや講師オリジナルのレシピをご提案するクラスです。

 


 

11月6日(火)11:00~ 終了

11月11日(日)11:00~ 終了

 

鶏肉とさつまいものベトナムカレー

くらげときのこの和えもの

緑豆とタピオカのチェー

 

ベトナムのカレーはココナッツミルクベース。タイカレーと似ていますが辛味はあまりなく、ほんのりスパイシーなカレー粉が香ります。ポピュラーな具は骨付き鶏肉やアヒル肉で、ホクホクしたさつまいもをプラスして甘くやさしい味わいに。ごはんとではなく、フランスパンや米麺と一緒に食すのもベトナム流。サラサラしたカレーによく似合います。

日本でも身近な食材で作るベトナム風の和えものは、ふだんの食卓にも取り入れやすい1皿。デザートのチェー(ベトナムのぜんざい的甘味)はトロリと温かく、肌寒い季節にぴったりのレシピをご紹介します。

 


 

12月4日(火)11:00~

12月9日(日)11:00~ 残席2

 

鶏肉のお粥

鶏肉とキャベツのベトナム風和えもの

揚げ魚のライスペーパー手巻き

 

ベトナムのお粥は1品でも主食となる米料理で、朝食や夜食の時間になると専門店が賑わいます。インディカ米から作るサラッと軽いお粥は、肌寒い朝には胃袋を温め、暑い日には食欲のない体に元気をくれます。ポピュラーな鶏粥のほか、骨付き豚やホルモンのお粥、シーフード粥などバラエティ豊か。しあげにハーブや揚げエシャロットをたっぷりとのせ、食卓ではレモンをしぼったり唐辛子を好みに加えたりと、日本とは異なる食べ方もユニークです。

また、鶏粥とセットで作られることの多いキャベツの和えものは、身近な食材で作りやすいベトナム料理のひとつ。どっさり量のある千切りキャベツがペロリと食べられ、お粥はもちろん、日々のごはんのおかずとしても作りたい優秀おかずです。

Top