yotei_hed




人気のベトナム料理クラス6月&7月

日本でおなじみのベトナム料理や、ベトナムの伝統的な料理を作るクラスです。基本的なベトナム食材や調味料の扱い方、調理法について学びます。

 


 

6月9日(日)11:00~ 終了

6月11日(火)11:00~ 終了

 

バイン・セオ(米粉のベトナム風お好み焼き)

鶏手羽先のヌクマム風味揚げ

あずきと白玉だんごのチェー

 

日本でもすっかり定番となったベトナム料理、バイン・セオのレッスンです。バイン・セオは米粉やココナッツミルクで生地を作り、えびや豚肉、もやしなどの具をはさんでパリパリに焼いたもの。たっぷりの油で焼くのがクリスピーにしあげるコツですが、ハーブと一緒に葉野菜でくるみ、甘酸っぱいタレにつければ驚くほどさっぱり食べられます。ご家庭でも現地の味を再現できるように、フライパンで作るレシピをお教えします。

鶏手羽先の揚げものは老若男女に愛されるベトナム料理。シンプルながらも、ヌクマム(魚醤)って本当においしいな~と唸ってしまう逸品です。

 


 

7月2日(火)11:00~ 満席 ※キャンセル待ち受付可

7月13日(土)11:00~ 満席 ※キャンセル待ち受付可

7月14日(日)11:00~ 満席 ※キャンセル待ち受付可

 

肉だんご入りつけ麺「ブン・チャー」

北部風揚げ春巻き

まぜまぜミックスフルーツ

 

ハノイの伝統料理「ブン・チャー」は、こんがり焼いた肉だんごと豚バラ肉をつけ汁に浮かべ、そこへ米麺ブンと生野菜を入れて食べるつけ麺です。豚肉の脂が甘酸っぱいつけ汁にほどよく混ざり、みずみずしい生野菜や爽やかな香りのハーブを加えれば、暑い季節の胃袋がリフレッシュ。食欲の落ちるときにも元気に食べられます。

豚ひき肉に春雨やきくらげ、もやしなどの野菜を混ぜこみ、ライスペーパーで大きく包む揚げ春巻きは北部スタイル。そのままはもちろん、ブン・チャーと一緒に食べるのも定番なので、つけ汁に入れながらさっぱりといただきましょう。

グラスに詰まった色とりどりの果物をスプーンでつぶしながら食べるおやつは、ハノイで人気のスイーツです。

Top