yotei_hed




人気のタイ料理クラス7月&8月

日本でも人気の定番タイ料理を作るクラスです。タイ料理の調味料や食材、調理法について学びながら、独特の食文化に触れていきます。

 


 

7月7日(日)11:00~ 終了

7月18日(木)11:00~ 空きが出ました→ 残席1

 

イサーン風ハーブ鍋「チム・チュム」

豚肉のラープ

くわいのタピオカゼリー包み、ココナッツソース

 

「チム・チュム」はハーブが香る南国らしい爽やかな鍋料理。タイ東北・イサーン地方発祥の郷土料理です。レモングラスやこぶみかんの葉、バジルの香りが印象的なクリアスープに、生卵をからめた肉やシーフードを入れ、いろいろな野菜を煮ながら食べます。すっきりしたスープはそのままでなく、唐辛子が効いた辛いタレをプラスするのがイサーンスタイル。野菜不足のときにもおすすめの、汗をかきながらハフハフと食べたい夏向きの鍋です。

ラープもまた、ハーブを効かせたイサーン料理。自家製ミンチ肉、炒ってこまかくつぶした米、ミントや香菜や青ねぎなどの香味野菜を、辛くて酸っぱいドレッシングで和えたサラダです。さまざまな香りや食感が混ざり合う口の中を楽しみましょう。

 


 

8月25日(日)11:00~ 残席1

9月3日(火)11:00~ 残席1

 

ゲーン・ハンレー(タイ北部のミャンマー風カレー)

北部風スパイシーハーブソーセージ

フルーツと唐辛子入り砂糖塩

 

ゲーン・ハンレーはタイ北部料理のひとつで、国境を接するミャンマーから伝わって定着したタイカレー。豚バラ肉をじっくりと煮込んで旨味と甘味を引き出し、しょうがやスパイスの香りでキリッと爽やかにしあげるので、濃厚ながらもしつこくなくサラリと食べられます。スパイスやハーブから作る「ゲーン・ハンレー粉」と「ゲーン・ハンレーペースト」から手作りして、自家製ならではのおいしさを楽しみましょう

ぐるぐると渦巻きになった大きなソーセージは「サイウア」と呼ばれ、北部の町・チェンマイの名物料理です。たたいた豚肉にこぶみかんの葉など数種類のハーブを混ぜ込み、豚腸に詰めて焼けばできあがり。バーベキューの1品としても活躍します

※ゲーン・ハンレー、サイウアはともに過去開催メニューですが、レシピをバージョンアップさせて開催します。以前に受講された方もぜひご参加ください。

Top