beblog




ウェブレシピ公開中 | 2016.09.19 | blog 

recipe-826

 

『暮らし上手 今日の晩ごはん』というサイトにレシピを掲載していただいています。

9月12日~16日までの5日間にわたり、毎日1品ずつアップされました。日々更新されていくウェブサイトですが、まだわりと新しいレシピとしてあがっています。

テーマは、野菜が主役の簡単エスニック料理。日々の献立のお役に立てばうれしいです。どうぞよろしくお願いします。



レッスン日記 | 2016.09.11 | blog 

img_0158

 

本日のタイ料理教室は、東北部・イサーン地方の郷土料理でした。青パパイヤのソムタム、イサーン風焼き鳥、スペアリブとたっぷりハーブのスープ、カオニャオ(もち米)。

カオニャオを手で小さく丸め、ソムタムの和えだれにチョンとひたして食べるのが大好物です。



レッスン日記 | 2016.09.04 | blog 

IMG_0115

 

9月の料理教室が始まりました。

今日はベトナム家庭料理のレッスン。ベトナムの人が日々食べているごはんのおかずを、日本の旬食材で味わっていただくクラスです。肉詰め厚揚げのトマトソース煮、なすのガーリックヌクマム炒め、ゆでオクラの腐乳だれ、冬瓜のスープ。夏野菜もそろそろ終わり、たっぷりと名残り惜しむメニューとなりました。

 

このところカラリとした晴れが続いています。日中は暑いけれど朝夕には涼しい風が吹き、ずっしりした入道雲はふわふわのイワシ雲に変わって、空は日に日に高くなっていく。そういえば、近所のスーパーに常設されている農家さんの野菜売り場では、トマトやオクラやきゅうりの持ち場が狭くなってきた。そういうことを気にしながらベトナム料理を作る楽しさに気がついたのは、わりと最近のことと思います。



10周年 | 2016.08.22 | blog 

残暑お見舞い申し上げます。

8月は毎年ゆるやかな集まりの料理教室。夏休みやお盆のあいまに足を運んでくださった皆さん、ありがとうございました。

 

IMG_0069

 

料理教室Nam Boは10周年を迎えました。

日々、いろいろな生徒さんがいらっしゃいます。ベトナムやタイに出会ってしまった方、恋してしまった方。見知らぬ料理を旅するように楽しむ方や、新しい知識に注意深くなじんでいく方。10年越しなおつきあいの方もいれば、ここ近年でグッとお近づきになった方もいる。自分のペースで気づまりなくのんびり通ってくださる方との再会も、少しずつ更新されていく新しい出会いも、どちらも楽しい。

 

料理教室を開いた頃は、とにかくベトナム料理を発信することだけに精一杯で料理していました。10年が経った今、まだまだ力不足なところはあるにしても、あの頃よりはずいぶん寛いだ気持ちで、教室は生徒さんたちと創造するライブ活動みたいな場やなぁと思ってやっています。

Nam Boで繋がったすべての人々に等しい感謝と敬愛を。小さな場所ではありますが、今後もご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。



『きょうの料理 8月号』掲載中 | 2016.08.15 | blog 

IMG_9979

 

『きょうの料理 8月号』に掲載していただいています。

「レパートリー倍増!夏のお助け麺レシピ」というテーマのもと、得意なアジアの味を混ぜこみながら、身近な食材で手軽に作れるアイディア麺6品を紹介しました。テキストは全国書店さんで販売中です。

 

そしてこちら、番組放送があります。

8月31日(水)午後9時~9時25分 NHK Eテレ

9月1日(木)午前11時~11時25分 NHK Eテレ(再放送)

 

慣れないテレビ収録では、相変わらずシャキッとできずにぼやぼやとしゃべっておりますが…… 番組スタッフの皆さん、アナウンサーの北郷さんに支えられ、とても楽しく料理させていただきました。こちらもよろしくお願いします!



レッスン日記 | 2016.08.13 | blog 

IMG_9940

 

今月のローカルベトナム料理教室は南部地方の郷土料理、牛肉のお酢しゃぶしゃぶ。

ベトナムのしゃぶしゃぶは、牛肉独特の強い香りを中和させるためにお酢や香味野菜などをたっぷりスープに加えます。そして、肉はそのままタレにつけて食べるのではなく、米麺や生野菜、ハーブと一緒にライスペーパーで食べるのが現地スタイル。いろいろな素材をライスペーパーが繋ぐ、こういうベトナム料理が私は大好きです。



出張料理日記 | 2016.08.08 | blog 

横浜のギャラリーショップ「芋乃市場」さんにて、出張ベトナム料理が無事に終わりました。

 

IMG_9838

 

最寄駅からバスで30分。ここは横浜のチベットなんです、とは家主いわく。この緑と風と土が一体化するすばらしい場所で、何やらおいしいものが作れそうな予感がして、私は来訪時からうずうず。

 

IMG_9844

 

昼間は料理教室を開催。暑い季節にピッタリの麺料理、ブン・チャー(ハノイ式豚つくねのつけ麺)をワイワイと実習。地元のベトナム料理事情などもうかがえて、新しい生徒さんたちとの出会いに刺激を受けました。

 

IMG_9866

 

2日目の夜は、得意な(?)ゆるーいベトナム酒場をオープン。ギャラリー店主一家が素敵な呑兵衛ということもあり、そこに集まる人々はやっぱり素敵な呑兵衛たちで、こちらもとても楽しい会となりました。

繋がりを大事にしたい場所が増えたことに感謝を。再びの開催時にはよろしくお願いいたします。



しば漬け | 2016.08.03 | blog 

しば漬けラブ。京都人なので。

 

IMG_9814

 

梅干しの土用干しをしながら、漬けていた赤紫蘇で今年はしば漬けを作ってみました。



レッスン日記 | 2016.08.01 | blog 

comhen

 

8月の料理教室は、ベトナム中部・フエの郷土料理から始まりました。

しじみのスープごはんはフエ庶民おなじみの朝食。しじみの身と香草、ピーナッツやごまをたっぷりとのせて、熱々のしじみ汁をかけていただきます。ときどき、えびみそとレモングラス唐辛子オイルをひと匙、ふた匙。軽くよそったごはんはまるで野菜の一部のように、サラサラと涼やかに胃袋へ。盛夏を乗りきるたのもしい1杯となりました。



レッスン日記 | 2016.07.21 | blog 

phatkeemao

 

今月の簡単タイ料理クラスより、酔っぱらい焼きそば。

酔いが覚めるほどに辛いとか、キッチンの残りものを集めて酔っぱらいながら作ったからとか、料理名の由来は諸説あります。いずれにしても、個性鮮やかな唐辛子とバジルでシャキッと爽快、スピード感のある辛さが夏にピッタリな1品。むしろ、食べているとビールが欲しくなるので酔っぱらいなんじゃあないか……と個人的には考えています。



祇園祭 | 2016.07.16 | blog 

IMG_9709

 

7月の京都は、うんざりするような蒸し暑い空気に、祇園囃子が軽快なリズムを刻む。

 

IMG_9707

 

およそひと月もの間、ねっとりした湿度とお祭りの熱気が相まって、街じゅうが浮足立っているのは素敵なこと。

 

IMG_9706

 

京都人て実はラテン系なのかな、と思ったり。ふだんはあまり気にしていないけれど、この街に暮らしていてよかったなぁと思う季節です。



出張レッスン&イベントのお知らせ | 2016.07.07 | blog 

神奈川県保土ヶ谷区にあるギャラリーショップ「芋乃市場」さんにて、8月にベトナム料理教室と酒場を開きます。陶芸家&ギャラリー店主のご夫妻とともに、自然にかこまれた素敵な場所で料理できること、とてもワクワクしています。

教室はデモンストレーション中心の実習後、みなさんでご試食。酒場では、夏のお酒がすすむベトナムおつまみをコース仕立てでお出しします。教室はメニューが決まっていますが、酒場のほうは横浜の季節食材からメニューを考えるので、想像をふくらませながらお越しいただければうれしいです。

 

【料理教室】

日時:8月5日(金)11時~、8月6日(土)10時30分~

定員:各回6名

料金:6000円(材料費・レシピ込)

メニュー:豚つくねのつけ麺(ブン・チャー)/ハノイ式揚げ春巻き/緑豆のチェー

 

【ベトナム料理で芋乃酒場】

日時:8月6日(土)18時~

定員:12名(要予約)

料金:4000円(お飲み物代金別)

 

料理教室、芋乃酒場とも完全予約制です。先着順で定員になり次第、締め切らせていただきます。

ご予約は下記メールアドレスへお願いいたします。料理教室Nam Boではご予約を受け付けていませんのでご了承ください。

★ご予約&お問い合わせ先メールアドレス e-mono.18@ezweb.ne.jp

★「芋乃市場」ウェブサイト こちら



レッスン日記 | 2016.07.04 | blog 

暑い暑いと汗をぬぐいながら、7月のレッスンがスタート。

 

IMG_9576

 

本日のベトナム料理教室より、Hoa Qua Dam(ホア・クア・ザム)というハノイのおやつ。果物に練乳とココナッツミルクをかけ、スプーンでカチャカチャとつぶしながら混ぜていただきます。混ぜる前の姿が美しいので躊躇してしまうけれど、原形を失うくらいに果物をよくつぶす思いきりがおいしく食べるコツ。ハノイの旧市街には、ホア・クア・ザム専門店の並ぶ小さな通りがあって、そこここでカチャカチャ、カチャカチャと軽快な音が響いています。



レッスン日記 | 2016.06.28 | blog 

6月のベトナム料理教室では、いろいろなチェーを作りました。チェーはベトナムの伝統的な甘味で、豆やいもや穀類、果物などを砂糖と一緒に甘く煮た汁菓子。あたたかいココナッツミルクをかけたものや、ゆっくりと常温に冷ましてから食べるもの。冷たいチェーにはクラッシュアイスを混ぜるのがお決まりです。

 

chedauxanhhat

 

緑豆とハスの実のチェー。緑豆は体の熱を逃がす効用があるとされ、ベトナムでは暑い季節に親しまれているおやつ。

 

chebap

 

とうもろこしのチェー。とうもろこしの果肉をもち米やココナッツミルクと煮込む、トロリと濃厚な南部スタイルのチェーです。

 

chekhucbach

 

近年に人気が出て定着した、白菊のチェー。白菊に見立てたものは純白のミルクゼリー、ほのかなアーモンドの香りがベトナム版杏仁豆腐というところ。みずみずしいライチと香ばしいアーモンドのトッピングが欠かせない涼菓です。



梅仕事 | 2016.06.23 | blog 

IMG_9486

 

今年も梅干しを漬ける。ベテランの友人が、毎年のことやから一緒に買ってあげるよーと言ってくれて、ぷっくり贅沢な大きさの梅が届いた。去年のものはすでに底をつきつつあるから、今年はたっぷりめに仕込みました。

梅干しは市販に好みのものがなくて、自分で作ってみて見直したもののひとつ。10年ほど漬けている梅酒も同じ理由で続いている。保存食というのは、なんでも作ってみればいいというわけでもなく、自分が暮らす環境やリズムにピタリとあうものが居心地いいと思っています。マメでなく面倒見のよい性格でもない自分には、何日かにいっぺんくらい様子をみるくらいの食べものが、どうにも性分にあっているようです。



Top