ご予約に関するお願い

いつもご予約をいただきありがとうございます。

 


 

新型コロナウィルス感染拡大の対策として、しばらくの間、当教室はレッスン方針やキャンセル規定を変更して開催します。ご予約に際しましては必ず内容を確認されたうえでお申し込みください。

 

こちら ←クリックしてお読みください

 


 

★少人数制レッスンのため、ご予定が確定した時点でのお申し込みにご協力をお願いします。

 

★ご予約をいただきましたら、その後にこちらからご希望クラスへ参加可能かどうかのご返信をします。それまでは仮ご予約の状態です。おひとりずつにお返事を送りながら、同時にご予約状況を更新していますため、教室からの返信が届かないうちにサイト上では「満席」表示が出ることもございます。ご予約は受信した順番に処理していますので、そのような際にはお返事を少しお待ちいただければ幸いです。

 

★満席で「キャンセル待ち受付可」のクラスは、キャンセル待ちのお申し込みをいただけましたら、空きが出た際に順次ご案内が可能なクラスです。

 

★お使いのブラウザーにより一部、「メールフォームがうまく送信できない」「ご予約方法の箇所が読みづらい」などの不具合が発生しています。ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。フォームが送信できない方、またご予約に関するご不明な点がございましたら、下記まで直接メールをお送りください。


お問い合わせメールアドレス:at-takaya【アットマーク】sage.ocn.ne.jp
※迷惑メール防止のため、【アットマーク】を@に変換してお送りください



人気のベトナム料理クラス4月&5月

日本でおなじみのベトナム料理や、ベトナムの伝統的な料理を作るクラスです。基本的なベトナム食材や調味料の扱い方、調理法について学びます。

 


 

4月1日(水)11:00~ 終了

4月19日(日)11:00~ 残席1

 

生春巻き

鶏肉の炊きこみ土鍋ごはん

クレソンと豚ミンチのスープ

 

ピンク色のえびや鮮やかなグリーンのハーブが、すりガラスのような白いライスペーパーを通して見えるカラフルな生春巻き。ベトナム料理といえば最初に名の出る1品ですが、実はおもにおやつとして食べられている気軽なファストフードです。生春巻き自体はあっさりとした味なので、甘く濃厚なピーナッツみそだれにつけていただきます。「ライスペーパーのもどし方がわからない」「食べるときにくずれないきれいな巻き方を知りたい」など、実際に作ったことがある方々から出るお声を受け、1度のレッスンでググッと上達する生春巻きのコツをお教えしています。

鶏肉の土鍋ごはんは日本の炊きこみごはんにも似たほっとする味わいで、たっぷり作ってワイワイとシェアしたいごちそう米料理です。鶏だし+レモングラスのスープで炊いた旨味ごはんに、鶏肉やきのこなどを炒めた具を混ぜ合わせ、しあげは土鍋の底におこげを作って香ばしく。できたての熱々はもちろん、時間をおいて風味がしっかりなじんだところもまた美味です。

 


 

5月5日(火・祝)11:00~

5月27日(水)11:00~

 

蓮の葉包みの蒸しごはん

フエ風ごま入りライスペーパーの揚げ春巻き

かにとホワイトアスパラガスのスープ

 

ベトナム中部の古都・フエの伝統料理に触れるレッスンです。

蓮の葉包みの蒸しごはんはフエの代表的な1皿で、蓮の実、鶏肉やえび、野菜などの具が入ったごはんを蓮の葉で包んで蒸しあげたもの。現地のレストランではチャーハンにしたごはんを包んでいるところが多いのですが、伝統的な作り方として、蓮の実のゆで汁でごはんを炊きこむレシピをご紹介します。温まった蓮の葉からはふんわりと甘い香り、葉を切って開くと中からはホクホクの蓮の実、色とりどりの野菜がたっぷりと出てきて、目にも鼻にも口にも繊細かつ贅沢な炊きこみごはんです。

ごま入りライスペーパーで作る揚げ春巻きもフエならではのユニークな前菜です。豚ひき肉、えびすりみで作ったタネを厚手のライスペーパーで挟み揚げにします。卓上では生野菜とハーブと一緒に、フエ地方独特の肉みそだれにつけて。この肉みそだれがまたおいしく、生野菜につけて食べるだけでも食がすすみます。



簡単ベトナム料理クラス4月&5月

日本でも手軽に作れるベトナム料理、軽食やスナックを作るクラスです。ベトナム料理で使う食材や調味料をより日常的に使いこなすためのアレンジレシピもご紹介します。

 


 

4月12日(日)11:00~ 休講

4月22日(水)11:00~ 満席 ※キャンセル待ち受付可

 

煮豚と煮卵のおこわ

もちきび入りおこわ

ゆで春野菜とヌクマムカラメルだれ

きゅうりのピリ辛漬け

 

単品で食べる以外にも、いろいろなおかずと一緒に食べることが多いベトナムのおこわ。煮豚&煮卵はハノイのおこわ屋さんの名物おかずです。ベトナムの大豆しょうゆと砂糖で煮た豚角煮と、その甘辛い煮汁がしみた煮卵をおこわに添えて食べます。現地ではプレーンのおこわ、緑豆やとうもろこしの入ったものなどおこわ自体の選択肢がいくつかあり、おかずとの組み合わせを考えて注文するのも楽しい時間。レッスンではプチプチした食感のもちきび入りおこわを合わせます。

ヌクマムカラメルだれにからめて食べるシンプルなゆで野菜は、ベトナム家庭料理の伝統的なレシピです。もともとは肉や魚などの食材が乏しかった時代に、ヌクマム(魚醤)と砂糖を煮詰めたものを白ごはんにかけて食べていたという、なんとも見事な節約おかず。とろっと甘辛いたれはごはんだけでなく、あっさりしたゆで野菜が驚くほどもりもり食べられて、「ベトナム版バーニャカウダ」と呼びたくなるような野菜不足解消料理です。フレッシュな春野菜と相性抜群、この季節にたっぷりといただきましょう。

 


 

5月10日(日)11:00~ 

5月19日(火)11:00~

 

蒸しバイン・ミー

牛肉とじゃがいものラグー

3色寒天

 

バイン・ミーとはベトナムのパンのこと。日本ではサンドウィッチとしての食べ方が有名ですが、現地には多彩なバイン・ミー料理があり、蒸しバイン・ミーもそのひとつです。輪切りにして蒸したフランスパンの上に甘辛い肉そぼろをのせ、ハーブやなますと一緒にリーフレタスで包んでいただきます。本来はかたくなったフランスパンをおいしく食べるために生まれたリメイク料理。蒸しパンはふわふわと絶妙なやわらかさで、シャキシャキの野菜やハーブと口の中で混ざり合って、サンドウィッチとはまた異なるベトナムらしいアイディアに笑みがこぼれます。

ラグーはフランス植民地時代に伝わったベトナム式洋食です。肉や野菜をトマト風味のスープでじっくりと煮こみ、現地では朝食などにパンや米麺と一緒に食べます。味つけにヌクマム(魚醤)や五香粉、カレー粉などをとり入れるのは東南アジアならではのアレンジ。お洒落な洋風料理というよりも、親しみやすい大衆的な味わいです。

デザートの寒天は白(コンデンスミルク)、緑(抹茶)、茶(ココア)の3色。ベトナムのキッチュなゼリー型を使って作りましょう。



ベトナム家庭料理クラス4月&5月

ベトナム人が日々食べている家庭料理のおかずを作ります。主食は日本と同じ白いごはんなので、それに合うベトナムおかずは日本でも作りやすいものが多いです。

 


 

4月4日(土)11:00~ 休講

4月14日(火)11:00~ 休講

 

豚ロースの香り焼き

五目蒸し卵

いろいろ野菜のベトナム風なます

あさりとトマト、ディルのスープ

 

4月の家庭料理レッスンは「コムディア」スタイルで!大衆食堂でおなじみの「 コムディア=皿めし」はその名のとおり、おかずをすべてごはんの上にのっけて食べるワンプレートごはんです。それぞれをごはんと食べてもいいし、あえて隣同士のおかずを一緒にして新しいおいしさを発見するのも魅力的な食べ方です。

メインのおかずは豚ロースの香り焼き。香味野菜と調味料でしっかりマリネした豚ロース肉をこんがりと焼き、ごはんにのっけ、箸休めに生野菜やなますを添えて。食卓で甘酸っぱいベトナムだれをかけて、おかずと一緒にごはんにからめてほおばります。豚ひき肉やきくらげなどの入った蒸し卵はほっとする味わい、こちらも同じお皿にのっけて、すべてが少しずつ混ざっていく皿上の変化を楽しみながらどうぞ。

貝×トマト×ディルで作るスープはベトナム北部のおふくろの味。あさりの旨味とディルの香り、トマトのほんのりした酸味がぎゅっと詰まった、体にやさしい和み系スープです。

 


 

5月14日(木)11:00 残席2

5月16日(土)11:00~

 

魚のベトナム醤油(シーズニングソース)蒸し

豆腐の黒こしょう衣揚げ

じゃがいもと豚スペアリブのスープ

タマリンドとピーナッツのジュース

 

ベトナムの大豆醤油は発酵大豆に砂糖や旨味調味料を添加したもので、1本で味が決まるたのもしい調味料(※シーズニングソースはタイの調味料でベトナム醤油とほぼ同じ風味があるため、レッスンではこちらを使用します)。白身魚にたっぷりの香味野菜をのせ、この醤油べースのソースで蒸す魚料理をメインディッシュに仕立てます。蒸し器でじっくりと蒸せばおいしいし、時短レシピとして電子レンジでも気軽に作っていただけます。日本の醤油とはひと味違う濃厚な風味にごはんがすすみます。

豆腐の黒こしょう衣揚げは、ハノイの家庭料理レストランの人気メニューを再現します。小さくカットした豆腐を粗挽き黒こしょう入りのフリッター衣にくぐらせてカリッと揚げます。揚げた豆腐はふんわりとやわらかい食感で、サクサクした衣とのコントラストが楽しいおかず。ピリッと辛い醤油ダレを添えます。

じゃがいもスープも北部の家庭料理。材料はとてもシンプルですが、豚の出汁を吸ったホクホクのじゃがいもが食欲を掻き立てます。出汁の風味を大切に調理する北部料理らしく、和食にも通じる繊細であっさりとした味わいです。



ベトナム料理ステップアップクラス4月

ベトナム料理のテクニックや知識をより上達させるクラスです。独特の食材、調理法なども積極的にレシピにとり入れます。

※ベトナム料理を少し学んでいることを前提にレッスンしますため、基本的な食材やくり返し登場する調理工程についての説明は省略することがあります。どなたでもご参加いただけますが、受講される際はその旨をご了承くださいませ。

 


 

4月9日(木)11:00~ 休講

4月11日(土)11:00~ 休講

 

~食材探求レッスン:ライスペーパー~

ライスペーパーの和えもの

ピザ風焼きライスペーパー

牛肉とハーブのフレッシュライスペーパー巻き

 

ベトナム食材への理解を深めるためにお届けする探求レッスン、ライスペーパー編です。ライスペーパーは米の生地を薄く広げて蒸し、天日干しにしたもの。日本では生春巻きや揚げ春巻き以外の調理法があまり知られていませんが、現地では卓上でおかずと生野菜、ハーブなどを自分で手巻きして食べるのがポピュラーなほか、近年ではライスペーパー自体を和えものにしたり、焼いてピザのようにしたりと新しい食べ方が生まれています。

ライスペーパーの和えものは気軽なおやつとして、数年前から若者に人気を博しているスナック。細く切ったライスペーパーにシャキシャキ野菜や香草、干しえび、ピーナッツや揚げねぎを混ぜ合わせたピリ辛味。ビールのおつまみにもおすすめです。同じく焼きライスペーパーも屋台で人気のストリートフードで、炙ったライスペーパーに肉そぼろ、溶き卵、青ねぎなどをのせ、まるでピザのような姿に仕立てます。

また、米皮から手作りするフレッシュライスペーパーで焼き肉とハーブを巻いて、生春巻きとは一味違うユニークな春巻きにも挑戦してみましょう。もちもちした食感がやみつきになります。



ローカルベトナム料理クラス5月

ローカルレストランや路上屋台など、現地で親しまれているいろいろな料理を作るクラスです。日本では出会う機会の少ない逸品もご紹介します。ベトナム料理のテクニックや知識をより上達させるクラスです。独特の食材、調理法なども積極的にレシピにとり入れます。

 


 

5月17日(日)11:00~

5月26日(火)11:00~ 満席 ※キャンセル待ち受付可

 

発酵魚スープのブン

鶏手羽先の米粉揚げ、ヌクマム風味

つぶしアボカドのコンデンスミルクがけ

 

ベトナムにはたくさんの発酵食品があり、なかでもベトナム人の日常に欠かせないものが「マム=発酵食品」。マムの原料は魚やえび、貝、野菜など様々ありますが、レッスンでは魚のマムを出汁に使う「bun mam ブン・マム」という麺料理を作ります。ベトナム南部地方の郷土料理で、豚肉やレモングラス、しょうがなどでとったスープを魚のマムで味つけし、なすやシーフードなどを具として加え、細い米麺ブンをつるつるといただきます。マム独特の旨味と香りは唯一無二で、食べれば食べるほどにはまっていく不思議なおいしさをぜひ体験してみてほしいベトナムローカル料理です。現地のマムは手に入れにくいため、日本で購入しやすい発酵魚を使用します。

ヌクマム風味の鶏手羽揚げはいろいろなバージョンがありますが、サクサクの米粉衣をつけた少しボリュームのあるレシピを新しくご紹介します。食後のおやつはスプーンでカチャカチャつぶしたアボカド。アボカドが果物として愛されるベトナムで最もポピュラーな食べ方で、クリーミーで濃厚な味わいに開眼する人多し!



季節のベトナム料理クラス

日本で四季折々に出まわる食材や、季節を感じられる料理にフォーカスし、柔軟な発想でベトナム料理を作ります。

 


 

※次回の開催予定は6月です。



人気のタイ料理クラス4月&5月

日本でも人気の定番タイ料理を作るクラスです。タイ料理の調味料や食材、調理法について学びながら、独特の食文化に触れていきます。

 


 

4月15日(水)11:00~ 休講

4月18日(土)11:00~ 休講

 

タイ風焼きそば「パッ・タイ」

タイ風揚げ春巻き

鶏肉のあっさりトムヤムスープ

 

辛くないタイ料理として人気のパッ・タイは、ローカル屋台からレストランまで幅広く親しまれるタイ料理の代表選手。平打ちの米麺をえびや豆腐、卵、ニラ、もやしなどと一緒に炒め、タイしょうゆやタマリンドで甘辛酸っぱく味つけします。シンプルな麺料理だからこそ、丁寧な調理と飽きない味つけがおいしさのポイント。米麺の上手な炒め方や、卓上調味料で作り出すユニークな食べ方などをレッスンします。 

タイ風揚げ春巻きは春雨に干ししいたけ、豚ひき肉、キャベツやにんじん……と、肉メインではなく具だくさん。見た目よりもずっと軽いサクサクした食べ心地がクセになります。

スープはおなじみのトムヤムスープ、レストランでよく見るペーストを使った「にごり」タイプではなく、ハーブの香りと柑橘の酸味を生かして作る「クリア」タイプをご紹介します。こちらのタイプは家庭料理としておなじみ。すっきりと透き通ったスープは胃袋にスーッとなじみ、鶏肉とハーブのコンビがなんともやさしい味わいです。

 


 

5月2日(土・祝)11:00~

5月21日(木)11:00~ 残席2

 

ココナッツフィッシュカレーのタイ風かけそうめん

焼きなすのスパイシーディップ

マンゴープリン

 

「カノムチーン」というタイの麺料理は、カレーソースをかけた米麺に野菜やハーブをたっぷりトッピングして、お皿の上でよく混ぜながら食べる和え麺スタイル。米粉から作られる細い麺は日本のそうめんに似ていて、つるつると喉ごしのよい食感がシャクシャクした生野菜にからまってなんとも賑やか。カレーソースにはいくつか種類があり、レッスンでは白身魚のすりみが入った濃厚なレッドカレーを作ります。辛さと甘さ、旨味や香り、いろいろな食感が口の中で一気に混ざり合うカオス感がタイ麺ならでは。これから暑くなっていく季節におすすめです。

焼きなすを石臼でたたいて作るディップはタイ北部の家庭料理。香ばしいなすに唐辛子がピリッと効いた新鮮な味わいで、ごはんのおかずとしてはもちろん、生野菜と一緒に食べたり、お酒のおつまみにも喜ばれます。なすってこんなにまろやかでおいしかったんだ!と気づかされる逸品でもあり、日本のシンプルな焼きなすから目先が変わること請け合いです。

デザートには、旬の生マンゴーを使ったプリンを作りましょう。



タイ料理バラエティクラス4月&5月

現地で親しまれているユニークな郷土料理や、講師が個人的に好きなおすすめタイ料理などをご紹介するクラスです。

 


 

4月25日(土)11:00~ 残席1

4月28日(火)11:00~ 満席 ※キャンセル待ち受付可

 

南タイのライスサラダ「カオ・ヤム」

豚つくねのレモングラス串焼き

あさりのハーブ蒸し、スパイシーソース添え

 

カオ・ヤムはタイ南部の名物料理で、ハーブと生野菜たっぷりの混ぜごはん。ごはんのまわりにぐるりと盛られたレモングラスやこぶみかんの葉、いんげんや青マンゴー、ココナッツの実、干しえび、そのほかいろいろなタイハーブ。サラダのようなごはんのような、一目ではなんとも不思議な料理ですが、野菜のシャクシャクした食感は絶妙なアクセントになり、食べるときにかけるコクのあるソースが全体をまとめてライスサラダという雰囲気。華やかな見た目も春らしい1皿です。この料理にはタイ南部独特の食材がいくつか使われるので、レッスンでは食材についてのお話をして日本で作りやすいように少しアレンジしたレシピで実習します。

サイドディッシュには、レモングラスを竹串代わりにして焼くアジアらしい豚つくねと、旬のあさりを香り豊かにいただくタイ式蒸し貝を作ります。タイのハーブをたっぷり摂取して、春先にくずしがちな体調を胃袋からすっきりさせましょう。

 


 

5月9日(土)11:00~

5月20日(水)11:00 満席 ※キャンセル待ち受付可

 

~食材探求レッスン:グリーンカレーペースト~

自家製グリーンカレーペースト

グリーンカレーからあげ

グリーンカレーポテトサラダ

グリーンカレーリゾット

 

タイ料理でおなじみのグリーンカレーペーストを手作りして、カレー以外のおいしい活用法を探ってみよう!というレッスン。唐辛子やハーブを石臼でポクポクとたたきつぶして作るペーストは香りが抜群、市販品にないフレッシュな味わいは時間と手間をかけてこそのご褒美です。このペーストを使った3種類のオリジナルレシピをご紹介します。

グリーンカレー風味のからあげとポテトサラダは、タイ料理と意識せず気軽に日々のおかずにとり入れやすいレシピです。ペーストでしっかりと下味をつけた鶏肉はしっとりジューシー。ナムプラーやパクチーを効かせたお酒にもあう大人のからあげです。パンチのあるポテトサラダは定番からひとひねり、グリーンカレーとマヨネーズとの相性が新鮮です。刺激的な味が恋しくなるこれからの季節にいかがでしょう。

もう1品、現地でタイカレー味のパスタやピザをよく見かけるのでリゾットにも仕立ててみました。ココナッツミルクが香るちょっぴりお洒落な1皿、おもてなし料理の〆にもおすすめです。



6月の開催予定

6月のスケジュールは調整中です。近日中にアップしますのでお待ちください。



2020年度・開催クラスのご案内

当教室では毎年2月がクラス編成のため、前年度に開講していたクラスをお休みとしたり、逆にお休みしていたクラスを再び開講したり、また新しいクラスを追加したりします。

2020年2月~2021年1月は下記のスケジュールで開催予定です。

 

~ベトナム料理のクラス~

【人気のベトナム料理】→ 通年

【簡単ベトナム料理】→ 再開講・通年

【ベトナム家庭料理】→ 通年

【ローカルベトナム料理】→ 2月/5月/8月/11月

【季節のベトナム料理】→ 3月/6月/9月/12月

【ベトナム料理ステップアップ】→ 4月/7月/10月/1月(2021年)

【おもてなしベトナム料理】→ 休講

 

~タイ料理のクラス~

【人気のタイ料理】→ 通年

【タイ料理バラエティ】→ 新開講・通年 

【簡単タイ料理】→ 休講

 

各クラスの概要は毎月更新される「料理教室の予定」ページをご覧ください。一部のクラスをのぞき、新メニューは随時追加します。



Top