ご予約に関するお願い

いつもご予約をいただきありがとうございます。

 

2月&3月レッスンのご予約受付中です。

各日程とメニューは下へスクロールしてご覧ください ↓↓↓

 


 

新型コロナウィルスの影響を受け、レッスン方針を一時的に変更しています。ワクチン接種の有無に関わらず、十分な感染防止対策とご同席者への配慮をお願いします。参加者全員が安全にレッスンを受講していただけますよう、ご予約の際には必ず内容をご確認、ご承諾ください。【最終更新日:2022年8月10日】

 

こちら

 


 

●少人数制レッスンのため、ご予定が確定した時点でのお申し込みにご協力をお願いします。

●ご希望のレッスンへ参加可能かどうか、1~2日以内には必ずご返信をいたします。ご返信メールがお手元へ届いた時点で予約確定となります。

●満席で「キャンセル待ち受付可」のクラスは、キャンセル待ちのお申し込みをいただけましたら、空きが出た際に順次ご案内が可能なクラスです。

●同じメニュー内容のレッスンについて、第2希望日まで出せる方はご予約メールに書き添えていただければ幸いです。第1希望日が満席となった場合、スムーズにご案内できる場合がございます。

 

 

moushikomi

 

 

フォームがうまく送信できない方は、下記アドレスまで直接メールをお送りください。

※迷惑メール防止のため下記は画像となっています。

 

mail



【2月】人気のベトナム料理クラス

日本でおなじみのベトナム料理や、ベトナムの伝統的な料理を作るクラスです。基本的なベトナム食材や調味料の扱い方、調理法について学びます。

 


 

2月4日(土)11:00~ 残席1

2月7日(火)11:00~ 

 

鶏肉のフォー

ベトナムでは特にハノイなどの北部で、牛肉のフォーとともにポピュラーな鶏肉のフォーを作ります。骨付き鶏、焼いて甘味を引き出した香味野菜を煮こみ、旨味がありながらもすっきりした北部らしいスープが特徴。ライムの葉や酢漬け唐辛子などを卓上で加え、好みの味にしあげます。日本人には昔から人気のある麺料理で、材料を揃えやすいためご家庭での作りやすさも魅力です。

揚げ春巻き、南部スタイル

ベトナム独特の食材、ライスペーパーを皮にした揚げ春巻き。豚ひき肉に刻み野菜や乾物をたっぷりと混ぜ合わせ、親指大の小さなサイズに巻く南部スタイルのレシピをご紹介します。小麦粉の皮と異なる米皮ならではのカリッとした食感が楽しく、爽やかなハーブと一緒にリーフレタスで巻けば、いくらでも食べられてしまいます。

バナナとタピオカのチェー

バナナやココナッツが特産である南部地方のチェーです。加熱したバナナはねっとりとした食感、ほのかな酸味が新鮮で、プチプチしたタピオカとも相性抜群。ココナッツミルクのエキゾチックな香りに思わず笑顔がこぼれます。



【2月】ベトナム料理ステップアップクラス

ベトナム料理のテクニックや知識をより上達させるクラスです。独特の食材、調理法なども積極的にレシピにとり入れます。

※ベトナム料理を少し学んでいることを前提にレッスンしますため、基本的な食材やくり返し登場する調理工程についての説明は省略することがあります。どなたでもご参加いただけますが、受講される際はその旨をご了承くださいませ。

 


 

2月18日(土)11:00~ 

2月22日(水)11:00~ 

2月28日(火)11:00~ 満席 ※キャンセル待ち受付可

 

※新メニュー

牛肉の汁フーティウ、華僑風サテー風味

ベトナム南部の代表的な麺、フーティウのバリエーションです。フーティウといえば豚スープで食べる具だくさんのものが定番ですが、ホーチミンに多く住む華僑系のお店では、ピーナッツや香辛料などから作る「サテー」というスープが親しまれています。定番の甘い汁フーティウとは異なり、スパイシーながらもまろやかな味わいで、個人的に大好きな麺料理です。

えびのタマリンドソース炒め

殻付きのえびを甘酸っぱいタマリンド(マメ科の植物)のソースで炒めたおかず。こってり濃厚な味わいはお酒のおつまみにぴったりですし、ごはんやフランスパンと食べても相性抜群。えび好きにはたまらない1品です。

緑豆あん入り揚げごまだんご

「芝麻球 チーマーキュー」という中華菓子にそっくりな、昔ながらの屋台おやつです。中華版はもち米粉の皮でごまあんや小豆あんを包みますが、ベトナムではあっさりした緑豆あんが定番。できたての熱々をほおばりたい揚げ菓子です。



【2月&3月】簡単ベトナム料理クラス

日本でも手軽に作れるベトナム料理、軽食やスナックを作るクラスです。ベトナム料理で使う食材や調味料をより日常的に使いこなすためのアレンジレシピもご紹介します。

 


 

2月21日(火)11:00~ 

2月26日(日)11:00~ 満席 ※キャンセル待ち受付可

 

とろとろ練り餅のスープ、肉そぼろのせ

米粉と水を加熱しながら練りあげて作るハノイの伝統的な大衆料理で、朝ごはんや軽食として人気があります。熱々の豚スープをたっぷりかけ、ひき肉そぼろや香菜をトッピング。お雑煮を少し彷彿とさせますが、日本のお餅ほど重量感がなく、ふるふるとやわらかい不思議な食べ心地です。

ハイフォン風かに揚げ春巻き

ベトナムの揚げ春巻きには地域によって様々なレシピがあり、こちらは北部の港町ハイフォンの名物料理です。港町らしく、かにやえびなど海の幸を具にした贅沢な1品。薄いライスペーパーで正方形に包むスタイルもユニークです。生野菜や細米麺ブンを添え、甘酸っぱいたれと一緒にいただきます。

タピオカ粉とココナッツミルクの焼き菓子

タピオカ粉、卵、ココナッツミルクなどで作った生地をオーブンで焼きあげる素朴なケーキです。このケーキの魅力はもっちりとした印象的な食感。こんがりほろ苦い焼き目とのコントラストもうれしいおやつです。

 


 

3月14日(火)11:00~ 

3月15日(水)11:00~ 

3月21日(火・祝)11:00~ 

 

あさりの汁かけブン

ベトナム中部の町フエでおなじみの「ブン・ヘン=しじみの汁かけブン」を、日本で身近に手に入るあさりを使って作ります。旬のあさりは旨味たっぷり、身が大きくてしじみよりも満足感が出せます。シャキシャキの生野菜やハーブ、香ばしいピーナッツなどとトッピングして、しじみの出汁をかけながらお茶漬けのようにいただきます。

レモングラスのファルシー

豚ひき肉や香味野菜をこねて肉だねを作り、細く裂いた丸ごとのレモングラスに詰めてグリルする1品。ホーチミンのレストランで出会ったごちそう料理ですが、もともとはラオス料理だといわれています。青唐辛子の爽やかな辛味が効いたグリーンチリソースを添えて。

ベトナム風マンゴープリン

春に出回る甘酸っぱいフレッシュマンゴー、コンデンスミルクなどで作るマンゴープリン。マンゴーの果肉やタピオカと一緒に盛って食べるのがベトナムローカルスタイルです。



【2月&3月】ベトナム家庭料理クラス

ベトナム人が日々食べている家庭料理のおかずを作ります。主食は日本と同じ白いごはんなので、それに合うベトナムおかずは日本でも作りやすいものが多いです。

 


 

2月12日(日)11:00~ 残席2

2月14日(火)11:00~ 満席 ※キャンセル待ち受付可

 

※新メニュー

牛肉のレモングラスしょうが煮

小さくカットした牛すね肉をレモングラスやしょうが、数種類のスパイスでマリネしてからコトコト煮こむ甘辛いおかずです。現地では牛肉だけのシンプルなものが主流ですが、レッスンでは季節の野菜を加えて1皿でもバランスよくしあげます。たっぷりのしょうがやスパイスでぽかぽかと体が温まり、寒い季節におすすめのベトナム料理です。

れんこんとピーナッツの炒めもの

シャキシャキのれんこん、ポリポリしたピーナッツの食感を楽しむ炒めもの。日本のきんぴらにも煮た、白ごはんがすすむ親しみやすい常備菜です。

じゃがいものトマト炒め煮

じゃがいもを多用するベトナム北部の家庭料理です。素揚げしたじゃがいもにからむ、甘じょっぱいトマトソースが美味。ヌクマムが効いたベトナム式トマトソースだけでもごはんが食べられてしまいます。

せりとあさりの北部風酸味スープ

貝×トマトの組み合わせで作る、ほんのり酸っぱいスープは北部家庭料理の定番メニュー。この季節ならではの香草であるせりをたっぷりと加え、香り豊かなスープを作ります。

 


 

3月22日(水)11:00~ 

 

ロールキャベツのトマトソース煮

フランス統治時代に伝わって家庭料理として定着したロールキャベツ。家庭によって様々なアレンジがあり、ベトナム醤油味のトマトソースで煮たものは特にごはんのおかずにぴったりです。豚ひき肉に干ししいたけ、きくらげを混ぜこんだ肉だねはベトナム料理の定番レシピです。

新じゃがいもとえびの炒めもの

旬の新じゃがいもをミンチにしたえびと一緒にあっさりと炒めたおかず。皮ごと香ばしく焼いてから炒めるじゃがいもに、ヌクマムの旨味や黒こしょうの香りがしっかりとからみ、ごはんはもちろんお酒にも合う1品です。

スナップエンドウの黒こしょうオイル和え

つぶしてから油とじっくり熱した黒こしょうをヌクマムや砂糖と混ぜて香味オイルを作り、食感よくシャキッとゆでたスナップエンドウと和えます。スパイシーな風味で豆の甘みがぐんと引き立ち、いくらでも食べられてしまいます。

たけのこと豚肉スープ

粗ミンチにした豚肉、干しえびで手早く出汁をとり、薄くスライスしたたけのこをたっぷりと加えたおかずスープです。現地では干したけのこや塩漬けたけのこがポピュラーですが、日本ならではの生たけのこで作るとフレッシュで季節を感じられます。



【2月&3月】おもてなしベトナム料理クラス

伝統的なものからカジュアルなものまで、おもてなし向きのベトナム料理を作るクラスです。近年にレストランで流行している新しいベトナム料理もあわせてご紹介します。

 


 

2月15日(水)11:00~ 

2月25日(土)11:00~ 

 

ざぼん(文旦)と干しいかのサラダ

現地では「Bưởi ブーイ」と呼ばれるざぼんに似た柑橘で作るサラダです。ざぼんは日本でも手に入りますが限定されるため、この時期に手に入れやすい文旦にアレンジして作ります。柑橘に干しいかをのせ、甘酸っぱいドレッシングをかけるだけのシンプルなサラダですが、調理工程の手間と繊細な味わいはおもてなしのための逸品です。

魚の味噌蒸し、ライスペーパー巻き

白身魚や彩り野菜を耐熱皿に盛りつけて豆味噌ソースをかけて蒸す、ごちそう感たっぷりの魚料理。魚の身をほぐしてとり分け、細米麺ブンやハーブと一緒にライスペーパーで巻いていただくのはパーティースタイルです。魚と野菜をソースにからめ、熱々のごはんと一緒におかずとして食べてもおいしいです。

かにの春雨炒め、土鍋仕立て

シーフードレストランでおなじみの1品。やわらかいかに身、シャキシャキのたまねぎなどを春雨と炒め、黒こしょうをピリッと効かせてしあげます。炒めたあとにひと工夫、土鍋や厚手の鍋に移して暫し火にかければ、香ばしいおこげができてごちそう感アップ!

 


 

3月4日(土)11:00~ 

3月7日(火)11:00~ 

 

アンフーの混ぜごはん

「Âm Phủ アンフー」とはフエにあるレストランの名前で、こちらの名物料理「五目混ぜごはん」がホーチミンなどの別地域に伝わり、「アンフーの混ぜごはん」という名前に変わって定着しました。甘辛い焼き豚、えびそぼろ、錦糸卵、きゅうりやにんじんなどの甘酢漬け、香草などをごはんと一緒に盛り合わせ、甘酸っぱいたれをかけて混ぜて食べるワンプレートごはんです。春らしい色合いにも心が躍ります。

フエ風葉っぱ春巻き

ゆでた豚肉やえび、青ねぎなどをライスペーパーでなく葉野菜で巻いた、中部地方発祥の料理です。現地ではからし菜が定番ですが、レッスンでは日本で手に入りやすい葉野菜を使用します。甘くコクのある中部式ピーナッツみそだれを添えます。

白きくらげのスープ

白きくらげ、干ししいたけ、にんじんやいんげんなどを鶏肉出汁であっさりと煮たスープ。しあげにとろみをつけて溶き卵を加えた、おもてなしやレストランの食卓で定番の椀物です。



【3月】ローカルベトナム料理クラス

ローカルレストランや路上屋台など、現地で親しまれているいろいろな料理を作るクラスです。日本では出会う機会の少ない逸品もご紹介します。

 


 

3月26日(日)11:00~ 

3月28日(火)11:00~ 残席2

3月29日(水)11:00~ 残席2

 

※新メニュー

するめのお粥

炙ったするめや干しえび、豚肉など数種類の食材で風味豊かな出汁をとり、お米を粒がくずれるまでコトコトと煮こんだお粥。ホーチミンのお粥屋で出会って感動した味を再現します。やわらかくなったするめ、たっぷりの青ねぎやしょうが、ピータンを好みにトッピングして、卓上でライムや唐辛子を加えて味を引き締めながら食べるとおいしいです。(ピータンが苦手な方は外せます)

揚げパン

お粥のおとも「quẩy クアイ」という揚げパンを手作りします。もともとは中華料理の揚げパン「油条」で、ベトナムではフォーの付け合わせとしても定番。重炭酸アンモニウムを使用しないお手軽レシピです。

ゆで豚のベトナム風香味だれ

お粥の出汁をとったあとの豚かたまり肉を活用するサイドディッシュ。しっとりやわらかくなった豚肉を薄切りにして、数種類の香味野菜が入ったヌクマムだれといただきます。香味だれはいろいろな料理にアレンジできます。

米粉と緑豆あんの蒸し餅、バナナリーフ包み

米粉やタピオカ粉を練って作った生地をバナナリーフに塗りつけ、緑豆あんをのせて包み蒸しにする南部地方のおやつです。甘いココナッツミルクソースをかけて食べます。



【2月&3月】タイ料理バラエティクラス

現地で親しまれているユニークな郷土料理や、講師が個人的におすすめしたいタイ料理などをご紹介するクラスです。

 


 

2月5日(日)11:00~ 

2月8日(水)11:00~ 

 

~タイ式白粥&おかず「カオトム・グイ」のレッスン~

タイのうるち米で炊いた白粥を、塩辛い食材で作るおかずや、濃厚で甘辛い味つけの様々な「お粥のおとも」といただきます。

塩漬け卵のスパイシーサラダ

「カイケム」というアヒルの塩漬け卵、赤たまねぎ、トマト、セロリやハーブなどを合わせた、酸っぱくて辛いタイ式サラダです。

えびのガーリック風味揚げ

殻付きえびをにんにく、こしょう、タイ醤油やオイスターソースなどの調味料で味つけし、香ばしく揚げ炒めにして、カリカリの揚げにんにくをたっぷりとトッピングします。

干し魚と青菜の炒めもの

塩漬けの青背魚を香ばしく焼いてほぐし、季節の青菜とともに炒めます。現地では塩漬けサワラが定番ですが、日本で手に入りやすい塩漬け魚を使用予定です。

タイ式白粥

黒豆とタピオカのココナッツミルクがけ

ホクホクにゆでた黒豆と小粒タピオカを、ほんのり塩味の効いた甘いココナッツミルクで食べるデザートです。

 


 

3月5日(日)11:00~ 

3月8日(水)11:00~ 

 

鶏肉ラープ、北部スタイル

数種類のスパイスや唐辛子と一緒に、鶏ミンチ肉、鶏レバー、砂ぎもを炒め、揚げたにんにくやレモングラスをトッピングする、タイ北部式のラープです。素材を炒り煮や生で調理するイサーン地方式のラープとは異なり、油によるコクとスパイスの複雑な香りが特徴です。

豚肉と春雨のバナナリーフ包み蒸し

豚肉と春雨を自家製チリペーストで炒め、炒って砕いた米、パクチーや青ねぎと合わせ、バナナリーフで包んで蒸すタイ北部料理。蒸すことで引き立つバナナリーフの甘い香りを楽しみます。カオニャオとの相性も抜群です。

菜花とスぺリブのスパイシースープ

スペアリブをじっくり煮こんで出汁をとり、たっぷりの菜花を加えたスープです。辛味はなく、発酵大豆の旨味、ガピ(えび味噌)の塩気、タマリンドの酸味が混ざり合った滋味深い味わいです。

カオニャオ(タイの蒸しもち米)



【3月】人気のタイ料理クラス

日本でも人気の定番タイ料理を作るクラスです。タイ料理の調味料や食材、調理法について学びながら、独特の食文化に触れていきます。

 


 

3月16日(木)11:00~ 

3月18日(土)11:00~ 

 

北タイ式カレースープ麺「カオ・ソーイ」

チェンマイなどタイ北部の名物麺料理です。ハーブや唐辛子、香辛料などから作られたカレーペーストをスープのベースに使い、ココナッツミルクを加え、辛味がありながらもまろやかにしあげます。太めの卵麺を入れ、さらにカリカリに揚げた麺もトッピング。不思議な盛りつけですがやみつきになります。高菜漬けやライムといった卓上の薬味も欠かせないアクセントです。

豚肉とトマトのナムプリック

ナムプリックとは、唐辛子やにんにく、シャロットなど様々な食材をクロック(臼)でたたいてペースト状にしたもの。タイ人のソウルフードともいわれるおかずです。豚ミンチ肉とトマトで作るナムプリックはミートソースのような味わいで、こちらもタイ北部の郷土料理です。ゆでた野菜や生野菜につけていただきます。

揚げバナナ

サックリと口当たり軽く、ローストココナッツやごまの混ざった衣が、加熱されてとろりと甘くなったバナナと相性抜群。路上屋台で愛されている昔ながらのおやつです。



4月の開催予定

4月のレッスンスケジュールは調整中です。2月中旬頃までに更新しますので、しばらくお待ちくださいませ。



2021~2023年度・開催クラスのご案内

2021年2月~2023年1月は下記からアットランダムに、ひと月に6クラス(ベトナム料理4クラス+タイ料理2クラス)で開催予定です。

 

~ベトナム料理のクラス~

人気のベトナム料理

簡単ベトナム料理

ベトナム家庭料理

ローカルベトナム料理

季節のベトナム料理

おもてなしベトナム料理クラス

ベトナム料理ステップアップ

 

~タイ料理のクラス~

人気のタイ料理

簡単タイ料理

タイ料理バラエティ

タイ料理食材

 

各クラスの概要は毎月更新される「料理教室の予定」ページをご覧ください。