ご予約に関するお願い

いつもご予約をいただき、誠にありがとうございます。

 

★少人数制レッスンのため、ご予定が確定した時点でのお申し込みにご協力をお願いします。やむを得ないご事情をのぞき、直前のキャンセルはできる限りお控えください。

 

★ご予約をいただきましたら、その後にこちらからご希望クラスへ参加可能かどうかのご返信をします。それまでは仮ご予約の状態です。おひとりずつにお返事を送りながら、同時にご予約状況を更新していますため、教室からの返信が届かないうちにサイト上では「満席」表示が出ることもございます。ご予約は受信した順番に処理していますので、そのような際にはお返事を少しお待ちいただければ幸いです。

 

★満席で「キャンセル待ち受付可」のクラスは、キャンセル待ちのお申し込みをいただけましたら、空きが出た際に順次ご案内が可能なクラスです。

 

★お使いのブラウザーにより一部、「メールフォームがうまく送信できない」「ご予約方法の箇所が読みづらい」などの不具合が発生しています。ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。フォームが送信できない方、またご予約に関するご不明な点がございましたら、下記まで直接メールをお送りください。


お問い合わせメールアドレス:at-takaya【アットマーク】sage.ocn.ne.jp
※迷惑メール防止のため、【アットマーク】を@に変換してお送りください



人気のベトナム料理クラス8月&9月

日本でおなじみのベトナム料理や、ベトナムの伝統的な料理を作るクラスです。基本的なベトナム食材や調味料の扱い方、調理法について学びます。

 


 

7月28日(日)11:00~ 終了

 

しじみのスープがけごはん

たけのこと牛肉のごま風味和え

ピーナッツ入りタピオカだんごのチェー

 

しじみのスープがけごはんはベトナム中部、フエの特産料理。ゆでたしじみ、刻んだ野菜や香草、ピーナッツなどをごはんにのせて、しじみの旨味がたっぷり溶け込んだスープをかけて食べる、現地ではおなじみの大衆的な朝ごはんです。スープは別添えで出てくるので、全部かけてもよし、少しずつ注いで楽しむのもよし、またそのまま飲んでしまってもよし。アツアツのスープでシャキシャキの野菜にもほどよく熱が入り、お茶漬けのようにさらさらとかっこめる軽やかな汁かけごはんです。

中部料理からもう1品、たけのことしゃぶしゃぶにした牛肉の和えものは、ピリ辛ドレッシングで和えて香りよいごまをたっぷりとトッピング。ごはんのおかずにしてもおいしい、しっかりしたボリュームの和えものです。

 


 

9月8日(日)11:00~

9月11日(水)11:00~

 

蒸し春巻き「バイン・クォン」

空心菜と干しえびの北部風和えもの

いかのディル風味揚げだんご

 

ハノイの代表的な朝ごはんといえば、そのひとつに挙げられる「バイン・クォン」。米皮で肉そぼろを巻き、揚げねぎや香菜などをトッピングして、甘酸っぱいタレにつけていただきます。米粉を水で溶いてから蒸す生地は、いわば生のライスペーパー。現地では専用の蒸し器で作られますが、レッスンではご家庭でも再現できるフライパンレシピをご紹介します。手作りならではの素朴な味わいと食感を楽しみましょう。

いかの揚げだんごはベトナム北部の特産料理です。いかの濃厚な旨味、プリッとジューシーな食感の両方が堪能できる1品。爽やかな香りのディルやピリッとした黒こしょうもおいしいアクセントです。



ベトナム家庭料理クラス8月&9月

ベトナム人が日々食べている家庭料理のおかずを作ります。主食は日本と同じ白いごはんなので、それに合うベトナムおかずは日本でも作りやすいものが多いです。

 


 

8月6日(火)11:00~ 終了

8月10日(土)11:00~

 

鶏手羽肉のコーラ煮

オクラの肉詰め

いんげんの卵炒め

空心菜とえびの酸っぱいスープ

 

ベトナムの煮ものにはカラメルを加えて色づけや風味づけするものがあり、そのアレンジとして少し気軽な調理法がコーラ煮です。鶏や豚の骨付き肉、えびなどで作ることが多くコーラに含まれるカラメルで自然と香ばしい甘味がつき、艶よくしあがります。さらに炭酸が肉をやわらかくしてくれるので一石二鳥。白ごはんがすすむベトナムらしい味つけでいただきます。

トマトやゴーヤ、厚揚げ豆腐など、いろいろなものに肉詰めするのが大好きなベトナム料理から、8月はオクラの肉詰めが登場。オクラが旬のこの季節にぜひチャレンジしていただきたいおかずです。パパッと作れるいんげんの卵炒め、タマリンド(マメ科の植物)で爽やかな酸味をつける空心菜のスープを添えて、暑い夏を元気に乗りきる夏野菜たっぷりの献立です。

 


 

9月18日(水)11:00~

9月22日(日)11:00~

 

カリカリ揚げ塩豚

いかのレモングラスチリ炒め

かぼちゃのココナッツミルクスープ煮

 

数多くある豚肉おかずのなかでも、町の食堂で人気を誇る1品が揚げ塩豚。ベトナム式塩豚はわりに短時間で漬け込むので、すぐに食べられるのがうれしいところ。かたまり肉を揚げることで旨味やコクがぎゅっと内側に凝縮され、しっかりと染みこんだ塩気にごはんがすすんでしまいます。スライスしてそのまま食べるのはもちろん、サンドウィッチや炒飯の具にアレンジしてもおいしいです。

かぼちゃのココナッツミルクスープ煮は甘味ではなく、ベトナム南部で親しまれている伝統的な家庭料理です。かぼちゃとさつまいもをココナッツミルクでほっくりと煮て、ヌクマム(魚醤)や砂糖でほんのり甘じょっぱく味つけ。夏バテで疲れた体にもやさしいスープ煮です。



おもてなしベトナム料理クラス8月&9月

ベトナムの伝統的なおもてなし料理をはじめ、特別な日に食べるごちそうやレストラン料理、またふだん使いできるカジュアルなパーティ料理などをご紹介するクラスです。

 


 

8月23日(金)11:00~

8月24日(土)11:00~ 残席1

 

焼き肉とハーブの和え麺

蒸し魚のトマトソースがけ、ライスペーパー手巻き

アボカドシェイクのアイスのせ

 

「ブン・ティット・ヌーン」という和え麺のレッスンです。甘辛くマリネした豚肉を香ばしく焼き、きゅうりやレタス、ハーブと一緒に米麺の上にのせ、ヌクマム(魚醤)ベースのタレをかけて食べるこの麺は、ベトナム南部~中部で親しまれています。豚肉の脂があっさりした米麺にからんで中和され、歯ごたえのある生野菜やピーナッツがリズミカルな食感を生み、さらにミントやバジルなどが加わったどんぶりはなんとも贅沢。甘酸っぱいタレが全部の具をつないでくれ、混ぜれば混ぜるほどおいしくなるという賑やかなごちそう和え麺です。

シンプルな蒸し魚にはひと手間かけたソースをかけ、食卓でライスペーパー手巻きにする演出で華やかにしあげます。デザートのアボカドシェイクはとろりとした甘さがクセになるおいしさ。アボカドを甘く食べるベトナムならではのおやつです。

 


 

9月15日(日)11:00~

9月17日(火)11:00~ 残席1

 

蟹カレー

きのこのベトナム風和えもの

緑豆の焼き菓子

 

ベトナムのカレーはシナモンや八角などのスパイス、レモングラス、ココナッツミルクなどが混ざり合った独特の風味。いちばんポピュラーな具は鶏肉&さつまいもですが、おもてなし向きに蟹を使って少し贅沢なカレーを作ってみましょう。ベトナム式のカレー粉は市販品もありますが、日本で手に入るスパイスを組み合わせて再現します。おともにはブン(細米麺)を添えて、蟹の旨味がたっぷり溶け出たスープにからめながらいただきます。

サイドディッシュには、フレッシュなきのこをふんだんに使う秋らしい和えものを。そしてデザートには、ホロホロと素朴な食感がおいしい、緑豆ペーストやココナッツミルクで作る昔ながらのベトナムケーキをご紹介します。



ローカルベトナム料理クラス8月

ローカルレストランや路上屋台など、現地で親しまれているいろいろな料理を作るクラスです。日本では出会う機会の少ない逸品もご紹介します。

 


 

8月3日(土)11:00~ 終了

8月29日(木)11:00~ 残席2

 

豚つくねのライスペーパー手巻き「ネム・ヌーン」

いかのベトナム風辛味サラダ

アーモンドミルク寒天のチェー

 

ベトナム中部、特にニャチャンという町で有名な「ネム・ヌーン」をご紹介します。ネムとはつくねのことで、豚の赤身ひき肉に調味料などを練り混ぜて、竹串に刺して焼いたもの。食べるときには串から外し、揚げ湯葉のようなカリカリのライスパーパー素揚げ、甘酸っぱいお漬物、生野菜やハーブと一緒にライスペーパーで包み、甘辛いみそダレにつけて食べます。つくねだけではシンプルな料理でも、食卓で風味や食感を積み重ねていくとてもベトナムらしい食べ方が魅力的な郷土料理です。

サイドディッシュには、やわらかくゆでたいかとシャキシャキ香味野菜のコントラストが楽しい具だくさんサラダを作ります。ホットチリソースベースのドレッシングでピリッと辛く、彩りを賑やかに夏らしくしあげます。



季節のベトナム料理クラス9月

日本で四季折々に出まわる食材や、季節を感じられる料理にフォーカスし、柔軟な発想でベトナム料理を作ります。

 


 

9月28日(土)11:00~

10月1日(火)11:00~ 満席 ※キャンセル待ち受付可

 

秋鮭のバナナ葉包み蒸し

さばの米衣揚げ、トマトソースがけ

ベトナム風さんまごはん

 

「秋魚」をテーマにベトナム料理へ展開する食材レッスンです。旬の食材を生かして日本ならではのベトナム料理を探求しましょう。

バナナ葉包み蒸しは、下味をつけた切り身魚、レモングラスやしょうがなどの香味野菜を一緒にバナナの葉で包んで蒸す香り豊かな1品。現地でポピュラーな白身の淡水魚を鮭に代えて再現します。バナナ葉を使わない作り方もご紹介します。

カリッと軽い米粉の衣をまとった揚げさばは、ベトナム風トマトソースをからめて食べるごはんのおかず。さんまごはんはオリジナルレシピで、フライパンで手軽に作るパエリヤのような米料理です。パラッと軽いインディカ米はこんな調理法にもおすすめで、ヌクマムや黒こしょう、にんにくを効かせてベトナムらしい味つけにしあげます。



特別開講・簡単ベトナム料理クラス8月

昨年8月、台風により休講としたベトナム料理クラスのリバイバルレッスンです。
※昨年のご予約者で参加可能な方からは別途ご予約を承りま
したので、ご興味のある方はお気軽にお申し込みください。

 


 

8月27日(火)11:00~ 満席 ※キャンセル待ち受付可

 

牛肉のあんかけ揚げ焼きフォー

いろいろ野菜のベトナム風甘酢漬け

黒米ヨーグルト

 

ベトナムを代表する米麺、フォーはスープ麺だけにあらず。このレッスンではフォーを油でカリッと揚げ、牛肉や青菜の入ったあんをかけて食べる「あんかけフォー」を作ります。スープで食べるフォーはあっさりして朝食向きの麺料理ですが、揚げて食べるフォーはボリュームがあり、あんにもコクと旨味が凝縮されていてお腹が空いたときに大満足の1皿です。いろいろな野菜を甘酢でマリネした浅漬けが箸休めにぴったりで、口の中がさっぱりとしてバランスよく食べられます。

黒米ヨーグルトはハノイで外せないローカルスイーツ。甘く炊いた黒もち米にヨーグルトやコンデンスミルクをかけ、スプーンでしっかりと混ぜながらいただきます。黒もち米のプチプチした食感にクリーミーなヨーグルトがからまって、意外な組み合わせがなんとも病みつきになるおいしさです。



ベトナム料理ステップアップクラス

ベトナム料理のテクニックや知識をより上達させるクラスです。独特の食材、調理法なども積極的にレシピにとり入れます。

※ベトナム料理を少し学んでいることを前提にレッスンしますため、基本的な食材やくり返し登場する調理工程についての説明は省略することがあります。どなたでもご参加いただけますが、受講される際はその旨をご了承くださいませ。

 


 

次回は10月に開催予定です。



人気のタイ料理クラス8月&9月

日本でも人気の定番タイ料理を作るクラスです。タイ料理の調味料や食材、調理法について学びながら、独特の食文化に触れていきます。

 


 

8月25日(日)11:00~ 空きが出ました→ 残席1

9月3日(火)11:00~ 満席 ※キャンセル待ち受付可

 

ゲーン・ハンレー(タイ北部のミャンマー風カレー)

北部風スパイシーハーブソーセージ

フルーツと唐辛子入り砂糖塩

 

ゲーン・ハンレーはタイ北部料理のひとつで、国境を接するミャンマーから伝わって定着したタイカレー。豚バラ肉をじっくりと煮込んで旨味と甘味を引き出し、しょうがやスパイスの香りでキリッと爽やかにしあげるので、濃厚ながらもしつこくなくサラリと食べられます。スパイスやハーブから作る「ゲーン・ハンレー粉」と「ゲーン・ハンレーペースト」から手作りして、自家製ならではのおいしさを楽しみましょう

ぐるぐると渦巻きになった大きなソーセージは「サイウア」と呼ばれ、北部の町・チェンマイの名物料理です。たたいた豚肉にこぶみかんの葉など数種類のハーブを混ぜ込み、豚腸に詰めて焼けばできあがり。バーベキューの1品としても活躍します

※ゲーン・ハンレー、サイウアはともに過去開催メニューですが、レシピをバージョンアップさせて開催します。以前に受講された方もぜひご参加ください。

 


 

9月5日(木)11:00~

9月7日(土)11:00~

 

豚肉と空心菜のスイートサワーカレー

インスタントラーメンのサラダ

タイ風卵焼き

ココナッツパンケーキ

 

豚肉と空心菜で作るタイカレーは、辛いのに甘酸っぱい複雑な味わいです。豚バラのコクや旨味が染み出たスープに、力強い風味の空心菜をたっぷりと加えて栄養も満点。香りよいジャスミンライスと一緒にいただきましょう。

インスタントラーメンをサラダ感覚で食べるタイ料理はユニークな1皿。ゆでた麺に豚肉やえび、香味野菜を合わせ、ナンプラーやレモン果汁、唐辛子などでドレッシングを作って辛酸っぱい和えものに仕立てます。インスタント麺の意外なアレンジで、ちょっぴりジャンクな味にはまってしまいます。

デザートはフライパンで手軽に作れるタイスイーツ、もちもちした食感が楽しいココナッツパンケーキです。



簡単タイ料理クラス8月&9月

タイの食材や調味料を使って、ご家庭でも手軽に取り入れられるレシピをご紹介するクラスです。日本の食材を使ったアレンジやバリエーションもご提案します。

 


 

8月7日(水)11:00~ 終了

8月11日(日・祝)11:00~ 満席 ※キャンセル待ち受付可

 

酔っ払い風スパイシーバジル焼きそば

ゆで豚のライムソース

塩ココナッツミルクゼリー

 

直訳すると「酔っ払い炒め」と呼ばれるタイの焼きそばは、米麺を肉やえび、野菜などの具と炒め、バジルと唐辛子をたっぷりと加えてスパイシーに味つけしたもの酔いも覚めるほどに辛いから、とか、酔っ払って唐辛子を入れすぎたから、とか由来は諸説あり、刺激的で爽やかな辛さが際立つ麺料理です。現地では幅広の米麺「センヤイ」を使うものがポピュラーですが、日本で手に入れやすい麺でのお手軽レシピもご紹介します

ゆで豚のライムソースはタイの豚しゃぶ的1品。にんにくや唐辛子、ライムが効いた辛酸っぱいソースをゆでた豚肉にしっかりとからめ、きゅうりなどの生野菜を箸休めにしながらいただきます。暑さで食欲の落ちているときにも、手軽に作れて元気になれそうなスタミナメニューです。

 


 

9月21日(土)11:00~

9月24日(火)11:00~

 

肉だんご入りとろとろ粥

えびみそのスパイシーディップ、揚げ魚&温野菜添え

タイ風五目豆乳じるこ

 

タイ朝食の定番といえば「ジョーク」。ジョークは米粒をこまかく砕いたトロトロとなめらかなお粥で、たたいた豚肉から作る肉だんご、半熟卵、たっぷりの針しょうがや青ねぎなどをトッピングします。現地のように朝食としてはもちろん、夏の冷たい食べものでお疲れ気味な胃袋にもおすすめ。じんわりとやさしく温めてくれます。

2品目は「ナムプリック」と呼ばれるタイ式ディップ。いろいろな種類の中で最もポピュラーなものがガピ(えびみそ)をベースに作るナムプリック。軽く炙って香ばしくしたガピに、唐辛子やレモン果汁、砂糖などを加えてバランスよい味にしあげます。生野菜やゆで野菜につけるほか、揚げ魚や焼き魚をほぐしてつけ、ほかほかのごはんと一緒に食べても絶品!タイならではの万能惣菜です。



10月の開催予定

★10月レッスンのご予約受付スタートは9月1日(日です。受付開始までは日時やメニューに変更が生じる場合がございますのでご了承ください。

 

~お知らせ~

高谷がベトナム滞在するなどの都合により、10月&11月はレッスン開催日がいつもより少なくなります。ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、ご了承のほど何卒お願い申し上げます。

 

ベトナム料理のクラス

 

【人気のベトナム料理クラス】

10月8日(火)11:00~、10月13日(日)11:00~

かに入りスープのタピオカ麺/れんこんとえび、豚肉のベトナム風和えもの/黒ごまのチェー

 

【ベトナム家庭料理クラス】

10月3日(木)11:00~、10月6日(日)11:00~

揚げサバのしょうが風味ヌクマムだれ/れんこんのにんにく炒め/ゆで野菜とピーナッツごま塩/里いもとスペアリブのスープ

 

【おもてなしベトナム料理クラス】

10月5日(土)11:00~、10月17(木)11:00~

きのこ鍋/ハノイ風海鮮揚げ春巻き/焼きバナナケーキ

 

【ベトナム料理ステップアップクラス】

10月12日(土)11:00~、10月16日(水)11:00~

うずら卵入り肉まん/ベトナム華僑風生春巻き「ボー・ビア」/れんこんの薬膳風スープ

 

タイ料理のクラス

 

【人気のタイ料理クラス】

10月19日(土)11:00~、10月22日(火)11:00~

りんごのソム・タム/魚のふわふわ包み蒸し、ココナッツカレー風味「ホー・モック」/牛肉ときのこのオイスターソース炒め

 

【簡単タイ料理クラス】

10月23日(水)11:00~

太米麺のタイ風しょうゆ焼きそば/いろいろきのこのスパイシーホットサラダ/白玉だんごのしょうがシロップがけ



2019年度・開催クラスのご案内

現在、当教室では2月~翌年1月で年間スケジュールを組んでいます。そのため毎年2月に新クラスと休講クラスが入れ替わります。

2019年度は下記クラスを開催予定です。

 

【人気のベトナム料理】【ベトナム家庭料理】【おもてなしベトナム料理】→ 通年

【ローカルベトナム料理】→ 2月/5月/8月/11月

【季節のベトナム料理】→ 3月/6月/9月/12月

【ベトナム料理ステップアップ】→ 4月/7月/10月/1月(2020年)

【簡単ベトナム料理】→ 休講

 

各クラスの概要は毎月更新される「料理教室の予定」ページをご覧ください。

新メニューを受講していただけるベトナム料理クラスを増設する都合、今年度よりクラス分けが少し複雑となり申し訳ございません。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

なお、今年度のタイ料理クラス分けには変更なく、同じクラス内で新メニューを追加していきます。



Top